速度・通信料について

速度・通信料について

格安SIMの速度・通信料は実際にどうなの?

そもそも格安SIMが通常の大手キャリアの通信料よりも安くなる最大の理由は一体何なのでしょうか。
それは、高速データ通信ができる容量に制限があるからと言えます。
MVNO各社には、1ヵ月で使用できる容量には制限があります。
1GBだったり、3GBだったり、5GBだったりとそれは選んだプランによって異なりますが、基本的にその契約をした容量を超えると制限がかかる仕組みになっています。
制限というのは、速度が急激に遅くなることです。
動画はスムーズに見れなくなったりと、制限がかかってしまうと様々な障害が生じてきます。

 

では実際に1GBではどのくらい利用することができるのでしょうか?
また、制限がかかってしまうと具体的にどうなってしまうのでしょうか?こちらで説明をいたします。

 

まず、1GBはできることの目安は…

  • ホームページは約4500ページ見ることができる(1日に換算すると、約150ページ)
  • メールは約20万通の送受信ができる
  • 動画再生は約500分可能

といわれています。

 

契約したプランが1GBの場合、1GBを超えたとしても、超過料金が課金されたりすることはありません。
ただ、速度が遅くなります。
今まで14〜150Mbpsだったのが、速度制限がかかることにより、128kbpsから200kbpsに落ちるようになっているのです。

 

大手キャリアのスマートフォンでは今まで月に7GBで速度制限がかかっていましたよね。
なので、1GBでの契約ではすぐ制限がかかってしまったりします。制限がかかってしまうと、かなりストレスになるかもしれません。
ですが、下記の3つの方法で対処することができます。

 

  • 上手にwifiを活用する
  • 足りない場合は買い足しする (500MBで500円などで追加の購入が可能です)
  • 2GB・3GBのプランに変更する

 

使い方やあなたのライフスタイルによっては、1GBで十分な場合もあります。
格安SIMに変更することで、iPhoneの月々の料金を毎月6000円も安くお得にすることも可能になるのです。

 

見直しをして、自分にピッタリの格安SIM、料金プランを見つけることが毎月のiPhone代の節約につながります。
日頃、自分はどのくらいの容量を使用しているのかなどふまえ、こちらのサイトで自分にピッタリの格安SIMを見てけてみてはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 格安SIMとは? 格安SIMの種類 格安SIMの選び方 格安SIMはなぜ安い?