iPhone 格安SIM SIMロック解除

格安SIMにするとできなくなることは?

格安SIMにするとできなくなることって?

格安SIMにすると、料金は安くなりますが、一部キャリアを介した機能が使えなくなります。
こちらではできなくなることと、その代わりになる機能をご紹介します。

 

キャリアメールはできない→フリーメールを使う

キャリアメールとはキャリアから提供されるドメインのアドレスで「docomo.ne.jp」「ezweb.ne.jp」「softbank.ne.jp」という一般的なメールです。

 

MNPで電話番号を格安SIMに引き継ぐことはできますが、メールはキャリアを解約した時点で使えなくなります。

 

ですから、代わりにフリーメールを使います。
フリーメールはブラウザやアプリを介して送受信するメールで、プロバイダーなどから提供されるサービスです。

 

AndroidならGoogleのGmailがお馴染みだと思いますが、他にもYahooのヤフーメール、OCNのOCNメールなどがあります。
格安SIMを提供しているのかプロバイダー企業であればサービスの中にフリーメールが組み込まれているものもあります。

 

フリーメールのメリットは、端末が1つでも複数アドレスを持てるところです。

 

家族や友人間との連絡は、スマホにした時点でLINEで行う人が多く、メールの使用頻度はあまり高くないので、キャリアメールが使えなくても不便なことはありません。

 

キャリア決済はできない→プリペイドカード、クレジットカード、振り込みなどを使う

キャリアを解約するため、ドコモのコンテンツ決済サービス、auのauかんたん決済、ソフトバンクのソフトバンクまとめて支払いが使えなくなります。

 

代わりに、課金はiTunesカード、Googleギフトカードといったプリペイドカード、クレジットカード、各種振り込みで行います。

 

LINEのID検索はできない→QRコード、ふるふるを使う

コミュニケーションアプリLINEでのID検索ができません。
ID検索には、年齢確認が必要ですが、これはキャリアに登録した生年月日で行っているため使えなくなります。

 

代わりに、ふるふるやQR、グループを介して友達登録をします。


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 格安SIMとは? 格安SIMの種類 格安SIMの選び方 格安SIMはなぜ安い?