ジャワ沖海戦

この海戦後、日本軍は2月8日にマカッサル、10日にバンゼルマシンに上陸しこれを攻略した。
19日にはサヌール泊地に進入してバリ島上陸を開始し、未明には日本軍が飛行場を占領した。
連合軍艦隊はこの後、バリ島沖海戦を経て、日本軍のジャワ島侵攻に際して発生したスラバヤ沖海戦、バタビヤ沖海戦で壊滅することになる。
なお、本海戦で損傷したマーブルヘッドはセイロン島へ避退、そのままインド洋・大西洋を経由する大航海の果てに米本国へ生還している。

MBSテレビ

MBSテレビは、大阪府大阪市に本社を置くラジオ・テレビ兼営局である毎日放送のテレビ放送部門の呼称である。
放送対象地域は近畿広域圏。
2011年7月24日の地上デジタル放送完全移行を機に、同日付の新聞・テレビ情報誌などの表記が、開局以来使われてきた「毎日テレビ」から「MBSテレビ」に統一された。
地上波デジタルテレビジョン放送のGガイドでは「MBS毎日放送」と表記している。
2011年7月23日までは一般呼称を「毎日放送テレビ」といっていた他、単にMBSと呼称される場合や、アナログ時代には新聞などのラジオ・テレビ欄では「毎日テレビ」と表記されていたが、中日新聞と日刊県民福井ではラジオと同様「毎日 MBS」と、スポーツニッポンと日刊スポーツ、神戸新聞、デイリースポーツでは「毎日」と表記されていた。
なお、当時はラジオ部門とは異なり、「MBSテレビ」と呼称されることは稀であった。

リベリア成立

1847年7月26日、合衆国憲法を基本にした憲法を制定して独立を宣言した。
初代リベリア大統領にジョセフ・ジェンキンス・ロバーツが就任。
1854年5月29日メリーランド・アフリカ植民地がメリーランド共和国として独立を宣言するが、1857年3月18日リベリア共和国に併合。
1870年にエドワード・J・ロイが大統領に就任するが1871年に暗殺され、1872年から1876年の間は初代のロバーツが第6代大統領を務める。
1878年にアンソニー・W・ガーディナーが大統領に就任。
1896年にはウィリアム・D・コールマンが1900年まで大統領に就任した。
1903年にはアーサー・バークレーが大統領に選ばれ、1904年も大統領に再選される。
1910年アメリカのメソジスト教会の宣教師ウィリアム・ワド・ハリス牧師が「預言者」を自称し、リベリアで宣教活動し、グレボ族のメソジスト教化の為の教会運動を起こし、1913年にリベリアからコートジボワールにまで活動が広がる。
1915年アメリコ・ライベリアンのリベリア政府に対して先住民のクル族とグレボ族の反乱を起こす。

クリネックスCM

赤鬼編の都市伝説は有名だ。
以下の様な感じで、1985年に子供の間で流行った都市伝だ。
●このCMがオンエアされた時にはすでに赤鬼役の子供はこの世にいなかった。CM撮影終了後、3日3晩の金縛りにうなされながら謎の死を遂げた
●カメラマンがサウナで機械の故障により焼死
●松坂慶子も撮影直後から極度のノイローゼに陥り、とある病院に緊急入院してしまった。
といったCM関係者に関するもの。
また、このアカペラの曲は黒ミサに使われていた、呪いの歌詞だとか。
全くの嘘ながら、何となくあのCMが不気味なのは確かに感じる。

カンダハール

アフガニスタンの最大民族パシュトゥーン人の居住地域にあり、パキスタンのペシャーワルと並ぶパシュトゥーン人の主要都市。アジアハイウェイの路線上にあり、北はウルーズガーン州のタリンコート、東はガズニーを経てカーブルに通じ、西はヘラート・ファラーを経てイランのホラーサーン地方および中央アジアに至る。
南に進めば国境を越えてパキスタン領バローチスタンのクエッタに至り、インダス川下流域の大平原からインド亜大陸へと通ずる交通の要衝で、国際空港もある。

ハイオリ

100メートル競走、走幅跳、やり投、110メートルハードル、ハンマー投、走高跳の6種目で記録を競う。
アーケード版は翌年開催のロサンゼルスオリンピックがテーマとなっており、店頭ポスターやポップなどに、公式キャラクターである「イーグルサム」が描かれていた。
操作パネルは、RUNボタン2つとJUMPボタン1つの3ボタン制で、RUNボタンを連打すればするほど、キャラクターの走る速度が上がるシステムとなっている。
そのため、指の爪でボタンをこすりつけたり、爪が割れるのを防ぐためピンポン玉やコインでこすったり、手でボタンを叩くのではなく鉄製又はプラスチック製の定規をボタンに押し付けはじいて振動させる等の、連打速度を上げるための方法が多々生み出されることとなった。
また、日本全国のゲームセンターにおいて、このゲームのゲーム台のRUNボタンの破損やその周囲がすり減っていることが多かった。

マイズナー成りすまし

ルイス・ピーター・モーガンなる人物が元イーグルスメンバーであるマイズナーの名を語って、数々の詐欺事件を働いたことがあった。
被害者は楽器メーカー、カジノの経営者、女性など。
モーガンは1998年に逮捕され16ヶ月を刑務所で過ごしたが、出所後もたびたびマイズナーになりすまし、2006年に再逮捕されるまで詐欺行為を続けた。

マーストリヒト条約

元来、欧州経済共同体はおもに経済や社会、通商に関する機関であった。
欧州委員会や欧州司法裁判所はともに、その構成員が加盟国政府によって任命されるものではあるが、業務については各国政府から独立しており、欧州諸共同体の枠組み内においては多くの権限が与えられていた。
また欧州議会は欧州諸共同体加盟国に居住する市民の直接選挙で選ばれているが、同様にある程度の独立した権限を有していた。
各国政府は閣僚理事会において強大な権限を保持していたが、1980年代半ば以降、表決にあたっては特定多数決方式を採用しており、およそ71%の事案が特定多数方式で表決されていた。
欧州のこのようなシステムを共同体の秩序、あるいは超国家性と言われ、欧州経済共同体の諸機関は加盟国政府の権限行使による直接的なコントロールは受けず、その一方で加盟国政府はEC諸機関が反対する決定を多数決によって強制することができるものである。

ピッツバーグについて

地元のNFLチーム「スティーラーズ」の名にも見られるように、かつては鉄鋼生産の中心地として栄えた。
しかし1980年代中盤に安価な輸入鉄鋼に押される形で地域の鉄鋼業が衰退し、地域経済が大きな打撃を受けると、その後はハイテク産業をはじめ、保健、教育、金融を中心とした産業構造に転換し、地域経済を再生させた。
その経験は2007年に始まったサブプライムローン問題や世界金融危機でも生きた。
全米のみならず全世界を巻き込んだこの経済危機の最中にあっても、ピッツバーグの住宅市場は比較的安定し、2008年に入ってもピッツバーグにおける求人は増加していた。

ハヤシライス

ハヤシライスとは、薄切り肉とタマネギをバターで炒め、赤ワインとドミグラスソースで煮たものを白飯の上にかけた料理。
洋食に分類されるが、日本発祥の料理。
肉は、牛肉か豚肉が使用される。
豚肉を使用した場合は「ポークハヤシ」とする事もある。
マッシュルームやしめじやエリンギ、あるいは薄くスライスしたシイタケやニンジンを入れることもある。
ご飯の上に、プレーンオムレツを乗せた「オムハヤシ」などもある。
一部の洋食屋では薄切りの牛肉とたまねぎを炒めてトマトピューレで和え、ドミグラスソースで軽く煮込んで作る事がある。
即席の固形ルーや液体のルーが市販されている。

http://www.oaklandartists.com/

© 2014 竹馬

Theme by Anders NorenUp ↑